休講期間延長のお知らせ

2020/03/06 ブログ
寂しいスタジオ風景

クラスを再開させるのは、あと1週間待つことにしました。ヨガをしたいと望んでくれる人には本当に申し訳ないのですが、北海道で活動させてもらっているコミュニティの1つとして、いまやるべきことは、この場にみんなを集めることではないと判断したからです。

 

ヨガをしていた方が体調がいいのになぁ、と残念に思う人もいるかもしれません。やらないと体力や筋力・柔軟性も低下しちゃうじゃないか、という人もいるでしょう。2週間も休むと再開したときが恐ろしい、と怖がる人もいるかもしれない。

 

だとしたら、理想は自宅でヨガをすることです。少しでもいいから。

 

1人だと何をやったらいいか分からない、という方。こんなときのために、クラスを再開したら毎回何か1つでもアーサナを覚えて帰りましょう。その必要性を感じる期間にしてください。

 

自宅ではできないよ、という人も心配しなくていいです。再開したときに、いきなり以前の自分と同じようにやる必要がまったくないですから。いつも言ってますが、そのときにできることをやればいいんです。かたいならかたい身体なりに。疲れたら休めばいいだけです。

 

クラス再開時は、いつもよりゆっくりじっくりと始めていきます。アシュタンガヨガをする人は、そのときの身体でできる呼吸をしましょう。身体がかたくなって可動域が狭くなれば、当然深い呼吸もできなくなります。動きが呼吸を深めてくれるし、呼吸が動きの幅を広げてくれる。このことを感じながら。ヴィンヤサでいつもより1つ多く呼吸をしないとできないかもしれません。そのことを感じていられれば、それでいいです。無理していつも通りにしようとしなくていいです。できないことに何の言い訳も要りません。ただ、いまできることをやるだけで十分です。

 

さて、いつもより遅い時間の練習を始めよう。

 

 

休講期間延長

3月13日(金)までのすべてのクラスを休講します。14日(土)からクラスを再開させます。