基本的なアライメントの理論

2021/05/12 ブログ
紅白乱れ咲き

擬態語が多い小林です。

 

すーっと、とか。

ギューっと、とか。

グイッと、とか。

 

ニュアンスなんですよねー。

 

 

 

さて、ニュアンスじゃない理論の特別クラスをやります。通常のクラスでは、わざわざ流れを止めてまで理論のことは話しません(整えヨガは別として)。理論を知らなくてもいいけど、シンプルな理論を分かっていると、応用が利くようになります。

 

ほんの少し頭を使いますので、それを流れの中に入れようとすると、しばらくは流れが悪くなったり止まるかもしれない。それが嫌で今まではあまり話して来なかったのですが(昔はよく話していたので、知っている人もいると思います)、そういう時期を経て、また一歩進めるのかなと思い直しました。

 

今回は『基本的なアライメントの理論』です。解剖学的にどうこうという話はほぼしません。

 

 

【日時】5月29日(土) 14:00〜15:30

【定員】7人

【料金】3,000円

 

 

頭だけで理解しても意味ないので、実践を含みます。太陽礼拝からスタンディングのアーサナまでやります(全部はやらないかもしれません)。その関係で今回は7人限定です。費用が掛かりますので、学びたい人だけ参加してください。

 

理論は知らなくても実践できます。今回の理論より大切なことはいつもクラスで言っていることです。それにプラスするなら、という内容です。

 

 

良いアライメントのアーサナは結果的に美しくなります(最低限のことをクリアしておく必要はありますが)。それを目的にするのではなく、あくまでも結果的に、です。InstagramやYouTubeで見るようなキレイなアーサナをしている人は、ほぼこの理屈を踏まえていると思います(意識しているかどうかは不明ですが)。

 

また、適切な身体の使い方ができると、体は整ってきます。原初的なヨガには必要ないかもしれませんけど、現代のヨガする人にはあった方がいいと思うんです。

 

ただし、適切なアライメントや体の使い方は、頭では理解できても体でできるとは限りません。自分のやりやすいやり方とは違いますから、今まで普通にやっていたアーサナは難しく、きつく感じることになるでしょう。きつく感じるのは、今まで見ないことにしていた部分と向き合うことになるからです。その部分の開発が進み、柔らかさと強さを養えると、今までは困難に感じていたアーサナが少し身近なものになると思います。