サティヤ

2021/08/21 ブログ
今朝の飛行機雲

『家、ついて行ってイイですか?』が好きで、たまに観ます。

 

先日の特番では、50歳男性で職業は神職だという方が取材を受けていました。その方は取材を受けた何年後かに結婚されたのですが、お相手の方に「結婚の決め手は?」と質問したところ、「誠実で嘘をつかないところ」と答えていました。うんうん、そうですよね、そういう人はいいですよね。番組ゲストの女性も「やっぱり嘘つかない人がいいですよね〜」と共感していました。

 

そのとき、番組MCのおぎやはぎの矢作さんが、ボソっと言ったんです。 

 

「でもなぁ、嘘つかない人っておもしろくないんだよなぁ」

 

続けて、

 

「おもしろい人はだいたい嘘つくんだよ」

 

なんかちょっと分かる気がする。もちろん嘘つかない誠実な人だけどおもしろい人もいますよ。おもしろいにも色々ありますしね。それはそうなんですけど、話のおもしろい人は、だいたい少し盛って話しますよね。盛るってことを表現を悪くして言えば、嘘をついてるってことです。嘘つかない誠実過ぎる人は、たぶん話を盛ることにすら抵抗があるのだと思う。というか、盛るという発想がないのかもしれない。あったことをそのまま話すというか。矢作さんの言ったのは芸人レベルでの話かもしれないですけど、一般人にも当てはまるなぁと思ったのでした。

 

ヨガの八支則の最初の支則であるヤマ(こういうことはしない方がいいよ、という教え)の一つに「サティヤ」というものがあります。嘘をつかない、正直である、というような意味です。ヨガでも嘘はつかない方がいいよ、正直であろうね、と教えています。

 

どうしますか?

盛りますか?

盛りませんか?