気づけ

2021/10/25 ブログ
たてがみ感すごい

最近自分に言い聞かせていることがあります。

 

「急ぐな」

 

僕がよくする失敗や、よくない習慣、やってしまいがちな良くない行いの元凶が、「急ぐこと」だと気づいたからです。僕の仕事や日常は、急ぐ必要性はないし、時間に追われるほど忙しいものではありません。なのに急いでしまう。

 

その原因を考えたら、今までしてきたバイトは、「速く・正確に・丁寧に」を求められることが多く(つまりただの作業)、それを実行することに楽しみを覚えてしまったからではないかという答えに行きつきました。間違えずに速くというスリルと、集中力を高めて没頭する感じが楽しくて心地よい。目の前のことに集中しつつも、頭の片隅ではその後の展開をイメージして、淀みなく動く。あーもー考えただけで楽しい。

 

そんなことに喜びを覚えてしまった僕は、それをずっと忘れられずにいたのでしょう。今は必要もないのに。むしろ心を乱す元凶になっているくらいなのに。

 

でも、気づけたんです。

気づけないとやめられないです。

 

 

ヨガで何をしているか、と聞かれたら、気づけるように意識を向けているのだと思っています。自己認識です。といっても、それを目的にしているかと言われたらそうではなくて、ただ楽しくて好きでアーサナの練習をしたり、軽い瞑想やプラーナーヤーマ、そしてちょっと勉強したりしています。だけど、その好きでやっていることには、自己認識の練習が自然と組み込まれている。そのことが何かと僕のことを助けてくれる今日この頃です。

 

 

急ぐな。

おちつけ。