使って欲しい

2022/04/22 ブログ
最近たまに現れる黒猫

庭の雪がとけて、昨年落ちたリンゴが姿を現しました。そのリンゴを鳥が啄みにやってきます。

先日もいつもの鳥がリンゴを啄んでいました。それを眺めていると、少し離れたところに気配を感じ、そちらに目をやると、黒猫が地面に伏せて鳥のことをじっと見ていました。

リンゴに集中する鳥。

それを見ている黒猫。

黒猫を見たい小林。

 

僕がもっと黒猫を見たいと身を乗り出した、その気配を感じた鳥が飛び立ち、三者の均衡は崩れました。

 

黒猫に睨まれた気がしました。

 

 

 

かなり前に糸井重里さんが書いていたことで、うろ覚えなのですが、ほんとにそうだなぁと思ったことがあります。

 

もし僕が車だったとしたら、人を乗せてたくさん走りたいです。バイクであっても自転車であっても。ビュンビュン走りたい。

 

食べ物であれば捨てられずに食べて欲しいし、「美味しい」と喜ばれたい。

 

服だったらどんどん着て欲しいし、靴だったら履いて欲しい。

 

何でもいいんです。使って欲しい。だから僕はコレクターにはならないのだと思う。(自分にとって)高級なものであったとしても飾ってないで、天寿を全うさせて欲しい。もし使わないのなら、自分のところに留めておかないで、次の人に回して欲しいと思う。

 

全部、物目線ですけど。

僕はそう思う奴です。

 

 

 

ちょっと話は違うんですけど、使って欲しい。

有効期限内に回数券を使ってくださいね。

ご利用は計画的に。