長過ぎて告知に辿り着かないブログ

2022/05/25 ブログ
札幌のヨガスタジオミガク

バイクをレンタルして、朝の4時半から4時間くらい、車でもたまに行くお気に入りのコースをツーリングしてきました。気持ち良くて、楽しくて、開放されて、免許とって本当に良かったと思いました。

だけど、早朝の寒さを甘く見てました。4枚重ね着して(薄手のダウンを含む)行ったのですが、体の芯まで冷えました。歯を食いしばらずには耐えられなかった。

バイク、恐るべし。

 

 

 

最近あまり言わなくなりましたが、ヨガする上で大事なことは「いま、ここ」にいることだと思います。前後裁断って言葉をもう何度ブログで書いたことか。いつの間にか蔑ろになってないですか?どうやったらアーサナを克服できるんだ、ばかりになってない?あまりそちらに振り切ってしまうのはどうかと思うけど、アーサナっておもしろいですもんね。できるようになりたいことがあるのは、楽しみの一つだと思います。

 

 

僕は何年か前までは、アーサナには唯一の正しいやり方があると思っていました。なので、自分が学んだことや経験したこと、それらを踏まえてこのやり方だ!と見つけたことをクラスで徹底して教えていました。

 

だけど、考えは変わりました。唯一の正しさはないな、と。そして、それぞれの目的や段階に合ったやり方をすればいいんじゃないかなと思うようになりました。

 

 

アシュタンガヨガは、アーサナの順番や正しいヴィンヤサというもの、そして目線の向ける場所等はある程度決められていますが、アーサナをどうやるか、には自由度が高いと思います。少なくともうちのアシュタンガヨガはそうです。昔は違ったけど、今はそうなりました。

 

完璧に決めてもらえた方がいい、という方もいらっしゃるでしょう。そうした方が良い面があるのは確かです(というか、こっちがほんとのヨガっぽい)。あんな体の人もこんな体の人も、みんなコレ!と決められたやり方にする。できようができまいが、大事なことはそれではないと。あなたの体でできるところまででいいから、この形でやりなさいと。そして、できないなどの受け入れ難いことも受け入れる心を養う。

 

居心地が良かろうが悪かろうが、どんな状況にも心を乱されないように練習する。ただそこに留まり、自分を落ち着かせるように呼吸する。「早く終わってくれー」と先を見るのではなく、「いま、ここ」に心を集中させて、できることに専念する。

 

どれもちょっとしたストレスだけど、心にストレスを与えて鍛える。心の柔らかさと強さのための鍛錬ですね。

 

アシュタンガヨガの練習前にストレッチはするな、と言われますが、それもこの考えに近いのではないでしょうか。いちいち準備するな、と。準備なくあなたができる精一杯のことをやればいいんだよ、というポジティブな意味合いで僕は理解しています。ストレッチしたい人は、自分の中での最高のアーサナをしたい気持ちが強かったり、または、ストレッチしとかないとアーサナがキツイんだよ、といった感じでしょうか。それも分からなくはないです。

 

だけど、ストレッチすることが当たり前になると、ストレッチできない環境でアーサナをしたとき、いつものアーサナの深さや形になれないことを受け入れられなくなるかもしれない。「これはいつもの自分の実力ではない」と。

 

いつもは昼とか夕方の体が動きやすい状況でヨガしている人が、たまに早朝にやったときに「全然伸びない」となるのと似てる気がします。「早朝の身体が伸びづらいときだから、自分の実力は出せていない」と自分に言い訳するみたいな。

 

だけどね、関係ないんですよ。いまあなたができることが、今のあなたの実力なんです。それを受け入れるしかない。厳しいこと言いますね。ふふふ、だって心の鍛錬の話をしてますから。

 

 

 

それに対して、あなたはこういう体だからこうした方がいいかもね、というやり方にバリエーションを設けるのは、どうやったらできるようになるかという楽しみと、体の健康を養うこと、そして心のストレス解消が目的でしょう。ほとんどの人はこちらでしょうね。心の鍛錬はしませんよね。普段から心にストレスがかかっていて、ストレス発散のためにやってるのに、これ以上ストレスなんてかけたくないわ!とね。これに対して正論を言うこともできますが、止めておきましょう。

 

なので、僕は今は基本原則と、アーサナの基本的なやり方だけを教えています。必要に応じて少しずつ付け足していきますが、他所で習ったやり方をしていても全然いいし、YouTubeや Instagramで見つけたやり方を試しても何も問題ありません。始める前にストレッチするのもありです。むかしのヴィンヤサでも最新のヴィンヤサでも何でもOK。あまりにも原則から離れてしまわなければそれでいいです。

 

 

どんなことでも、レベル1は楽しい・気持ち良いです。もう少し先や奥に入りたくなったら、上で書いたような違う取り組み方もあります。多分ヨガってレベル100くらいまであるんじゃないかな。適当に言ってますけど、それくらい奥深い世界観だと思います。

 

 

で、やっと告知。途中で読むの止めてここまで辿り着かない人もいるでしょう。まぁそれはそれでいいや。

 

マイソールでは各々にちょこっとアドバイスしてるから、人によって言われてることは違います。聞いてないよー、ってこともあるでしょう。

今回は全部出しやります。心の鍛錬ではなくて、コツやら細かいHow to やら、誰かに言ってる「あなたはこうした方がいいよ」も。解剖学的な観点からの話も、どんな本にも書いていない実践の中で見つけたこととか、応用編とか。質問にも答えられることはすべて答えます。アシュタンガヨガ実践者でも整えヨガに来ている人でも、どちらも大歓迎です。

 

【内容】何でもあり

【日時】6月5日(日) 12:00〜14:00

※ ハーフプライマリーは休講

 

興味ある方はぜひご参加ください。

 

 

 

ツーリングは最高に楽しかったですが、いま僕は目がかゆく、鼻が詰まっています。むむー、悩ましい。