呼吸

2022/10/09 ブログ
シャバーサナで見た光景

昨日、俳優の高橋克実さんのご自宅にお邪魔して、夕飯にマグロの刺身をいただく、という夢をみました。

夢って何でもありですね。

 

 

 

布団に入ってから何時間も眠れない日々は終わり、今はとても健やかに眠っております。眠れないのは辛かったですが、ラッキーなことにその副産物を得られたのです。

 

がんばったところで眠れないので、仰向けになった状態で呼吸のやり方をいろいろ試しました。眠れないと考えごとをしてしまいますよね。そんな時、どんな風に呼吸をしたら考えごとをしにくくなるのか。もちろん、ただ呼吸に意識を向け続けるだけでもいいでしょう。数息観みたいに。だけど、そういう意識の向け方みたいなものではなく、「頭に上がった気を下げる」みたいなものを実感できないものかなと。で、結果としては、僕なりのものですが、良いやり方を見つけたのです。そして、そのやり方をアーサナにも取り入れてみたら、これがまた素晴らしく良いのです。ただ、残念なことに、言葉で説明することはできません。すみません。

 

呼吸が良いと、自ずと集中力が高まりますので、結果的に良い練習ができます。当たり前のことを書いてますけど。当たり前なんだけど、呼吸を模索している人がどれほどいるのでしょう。体をどう使うか、どうアーサナをするとできるようになるか、そればかりになっていませんか?それが不必要とは思いませんが、自分にとっての気持ちの良い、集中力がほどよく高まる、そんな呼吸を見つけられると、練習の質はグッと高まると思います。他人がその呼吸をどう思おうと関係ありません。自分のヨガの質や日々のQOLを高めてくれるなら、それでいいと思います。

 

 

眠れない日々も悪くないですよ。

いや、それは嫌やろ。