showa

2022/11/14 ブログ
色とりどり

今日の整えヨガに初めて参加してくれた方がいました。その方は道外から来られていて、時間が空いていたから参加してくれたのだろうと思います。クラス後に「楽しかったです」と言ってもらえて、こちらとしてもありがたい限りなのですが、それに続いて、

 

「記念に(一緒に)写真撮ってもいいですか?」

 

と聞かれたのです。いやいやいや、僕と写真撮っても何の記念にもならんでしょう、と軽くお断りしたのですが、まぁまぁいいじゃないですか、と。断固拒否するほどの理由はないので、写真撮影したのですが、何と言いますか、まぁ自分にガッカリですよ。

 

自分の写真を撮ることがないし、誰かと写真を撮りたいわけでもない。どなたかとの写真に自分も入りたい、という願望もないんです。なので、お断りできない状況以外で写真を撮られることがない。何が言いたいのかというと、つまり、写真慣れしていない。

 

彼女が自撮りで構えたカメラに一緒に写ったのですが、えっ、えっ、えっ、どうしたらいいんすか?と内心あたふたです。で、あたふたした結果がピースですよ。よりによってピースです。ピースにもいろいろあるでしょうよ。なんか今風のやつとか。知らんけど。

僕がするピースなんてあれですよ、もう、the 昭和です。まぁ年齢なりといえばそうなんですが。

 

 

みなさんならこんな時、どうやって写真に収まりますか?ヨガのポーズはどうかって?得意なのは、ヨガ初心者にありがちシリーズのヴィラバドラーサナⅡです。ダメですか?

ではもうお手上げです。

 

チーン