基本を見直す

2022/11/30 ブログ
さえちゃん in my car

更衣室のストーブ用の灯油を買ってきました。118円/Lですって。高っ!

20年くらい前に江別に住んでいました。冬になると水道管が凍って水が出なくなるような古いアパートで、その頃も灯油を買いに行ってたのですが、当時は30円/Lだったのを覚えています。

…4倍…

 

 

 

昨日、アドバンスクラスをやると書きましたが、名前が勘違いさせてしまいそうなので、「ヨガ アライメント」というクラスにすることにしました。このクラスは「ガッツリ動いて大汗かこうぜー」というものとは対極にあります。量より質です。なので、どなたでも参加できます。

 

意識を向けて感じるポイントを増やしたいので、アーサナのキープ時間は少々長くなります。嫌いなヤツ?笑

 

最初のうちは意識を向けるポイントすべてを統合するのに時間がかかるでしょう。1,2,3,4,5,…と順番にやらなきゃいけない。だけど、何度も何度も練習を繰り返すと、最初の一呼吸目でそれら全てを意識できるようになるし、意識しなくてもできるようになる。そういう意味では、アシュタンギーニがこれを導入しようとすると、当分の間は流れが悪くなります。ですが、繰り返しになりますが、慣れれば一瞬です。

 

ただし、感じるだけでなくて、それを実行するには少々の筋力や柔軟性を養わないといけないものも、当然あります。人によっては肩甲骨を安定させて、お腹も抜けないようにチャトランガをするのが難しいように。

 

クラスでもう何度も言っていますが、基本中の基本はタダーサナとウルドヴァ・ハスターサナです。アシュタンガ実践者には聴き慣れないアーサナ名でしょう。タダーサナはサマスティティヒの姿勢で、ウルドヴァ・ハスターサナは、太陽礼拝のエーカムインヘールの両腕を並行、顔は前向きの姿勢です。この2つをちゃんとできない人は、何をやっても崩れます。

 

このクラスでやること以外は間違いなのかというと、そういうわけではありません。このクラスではただ選択肢を増やし、自分の中に基準となるものを見つけて欲しいだけです。

 

心地よくエーカムインヘールするのと、正しくウルドヴァ・ハスターサナをするのは別のことだと思います。心地よい動作は自然な動作であることが多いし、理想的なウルドヴァ〜は不自然とも言える姿勢です。だけど、自然に任せていると使えないところはずっと使えないまま、動かないところはずっと動かない。いま頑張って使えるようにしておけば、後で苦労しなくて済む(後で苦労してもよければそれでもいいけど)。どれも60点くらいのままでも先には進めるんですけどね。

自然な心地よい動きも、不自然だけど自分を改善してくれる動きも、どっちもできた方がいいと思う。そういう意味での選択肢です。

 

このクラスでやることは、できなくてもいいけど、頭と体で理解はすること。理解が深まっていれば、何かのアーサナができないときや、身体を痛めてしまったときに、何が原因なのかを探求するための材料になる。自分のどこが基準からズレているのかを理解できる。理解できれば、練習が変わる。そのための基準です。

 

僕はアシュタンガをやるまでは、こういうヨガを好んでやっていたので、結構好きなんです。アシュタンガとは違った集中があって楽しい。おもしろいと思ってもらえたら嬉しいですが、まぁ好きじゃない人もいるでしょう。無理強いするつもりはありませんが、やった方がいいよとは思います。

 

 

最近、ヨガだけが原因ではありませんが、身体を痛める人が出ているので、一度立ち止まって見直すときが来ているのかなぁと思い、この基本のクラスをやることにしました。

 

 

 

基本はおもしろい。

難しいけど、とってもおもしろいですよ。